恥をかかない!人気のお歳暮ギフトを紹介しています。

お歳暮ギフトの人気ランキング

お歳暮ギフト・TOP > 先方が喪中の場合のお歳暮は
先方が喪中の場合のお歳暮は

良く混同される点ですが、お正月の年賀状やお年始とお歳暮が同時期に行われるため、お歳暮も「祝い事」としてとらえられがちです。しかしこうした年賀状などとお歳暮は根本的に目的が異なります。

年賀状やお年始回りなどは確かに「祝い事」ですが、お歳暮は純粋に季節の挨拶です。そういう点をふまえて考えればお歳暮を贈る側、受け取る側のいずれかが喪中であっても基本的にはなんら問題はありません。しかし状況によっては、やはりある程度の配慮が必要とされます。

まず先方がまだ初七日も過ぎていないような場合には少し時期をずらしましょう。また先方が法事の日などに直接出向いてお歳暮を手渡すことも避けた方が良いでしょう。こうしたことは祝い事であるかないかの問題ではなく、先方の多忙さを推しはかっての配慮のためです。

初七日に限らず先方がまだ落ち着いていないようであればさらに少し待ち、四十九日が明けるくらいを見計らって贈ると良いでしょう。ただし注意する点はこうした場合の表書きはお歳暮ではなく「寒中御見舞い」などにしておきます。

また上記のようにお歳暮が祝い事ではないから大丈夫と言われてもやはり心配な場合や、自分の側が四十九日を過ぎていないような場合には無理してお歳暮を贈る必要は無いでしょう。そのかわり次のお中元やお歳暮の機会には「前回は○○○の事情で失礼しました」と明確に理由を書いた挨拶状を添えた上で、通常よりもやや高額な品を贈るのが良いでしょう。

Copyright © 2009 お歳暮ギフトの人気ランキング . All rights reserved