恥をかかない!人気のお歳暮ギフトを紹介しています。

お歳暮ギフトの人気ランキング

お歳暮ギフト・TOP > お歳暮に関するタブーとは?
お歳暮に関するタブーとは?

お歳暮を贈る際に気をつけておくべきこととはどのようなことでしょうか。

●いったんお歳暮を贈ったら最低でも3年間は贈り続ける
お歳暮は普段からお世話になっている人にこれまでの感謝と、これからもよろしくお願いしますと言う意味を込めて贈ります。そういった意味合いから一度お歳暮を贈った場合には最低でも3〜4年間は贈り続けるようにしましょう。

会社の上司などの場合、移動や転勤、配属替えなどでお歳暮を贈るべき対象人物が変わることも良くあります。しかし直属を離れたからと言ってすぐにお歳暮を止めてしまったりしては、かえって送り手としての品性を疑われかねません。逆に直属の上司ではなくなってもしばらくは贈り続けることでより深い感謝の気持ちが相手にも伝わるものです。

●履物などのお歳暮はタブー?
お歳暮として贈ることを避けた方が良いものとしては靴下や履物類などは「踏みつける、足蹴にする」と言う意味合いにも取れるので避けた方が良いと言われます。しかし最近では特に神経質に考える必要も無いようです。

特に相手が和装のものを好んでいる場合には、それと分かって履物を贈ったり、単身赴任の上司に対して実用性を考えて靴下のセットを贈るなどと言うのであれば受け取る側でもすぐにそれと察知してくれることでしょう。実用性も興味もないような品を送るよりはよほど気が利いているとも思われます。

●相手の健康状態には配慮が大切
こうした従来からの習慣でタブーとなっている物よりは、最近では健康面などを考えて食品などを贈る際に内容を吟味することなどの方が重要視されるようになってきました。

例えば生活習慣病の人に油や塩気の多いものなどを贈ったり、お酒を飲まない人にウィスキーを贈ったりするなどと言うのは明らかに避けた方が良いでしょう。

Copyright © 2009 お歳暮ギフトの人気ランキング . All rights reserved