恥をかかない!人気のお歳暮ギフトを紹介しています。

お歳暮ギフトの人気ランキング

お歳暮ギフト・TOP > お礼状の書き方について
お礼状の書き方について

お歳暮をいただいた場合には必ずお礼状を書くようにしましょう。わざわざ忙しい時期にお歳暮を贈ってくれた相手にたいして、せめてもの感謝の意を表す非常に大切なマナーです。

最近ではお礼状を電話やEメールなどで済ます場合も多いようですが、このようなやり方が許されるのはごく限られた場合です。電話やEメールでのお礼が許されるのは、ごく親しい友人や日頃から顔を合わせる機会のある親戚などに限られます。仕事関係の人の場合ではたとえ相手が目下の人であっても電話やEメールは避け、ハガキか封書でお礼状を送りましょう。

お礼状の書き方としてはまず仕事関係の人に対する場合などでは、正式な書式に則った文章で出す方が良いでしょう。季節の挨拶から始まり、前文、本文、末文と続けます。正式なお礼状を書く場合、以前は筆か万年筆を用いるのが原則でしたが、現在ではボールペンでかまいません。

親しい人や親戚などに対するお礼状は、もっと自由に書いてもかまいません。いただいた品が嬉しかったこと、欲しかった商品であったことなどを具体的に書いて感謝するといっそう印象的なものになります。ただしあまりくだけすぎるのは良くありません。注意しましょう。

正式なお礼状、親しい人へのお礼状、いずれの場合にも大切なことはお歳暮を受け取ってから時を移さず、すぐにお礼状を出すことです。

3日以内と考えておけば良いでしょう。また文の最初には必ず季節の挨拶を入れます。本文では「この度はたいへんにおいしそうなお菓子を頂きまして」などと、いただいた品目を具体的に出すことが喜ばれます。これはちゃんともう開封しましたよ、ということを知らせる意味にもなります。

Copyright © 2009 お歳暮ギフトの人気ランキング . All rights reserved