恥をかかない!人気のお歳暮ギフトを紹介しています。

お歳暮ギフトの人気ランキング

お歳暮ギフト・TOP > いつまでに贈れば良いのか?
いつまでに贈れば良いのか?

贈る相手、贈る品物などと並んで、お歳暮を贈る上で重要なことの一つが贈るタイミングです。

お歳暮は一年間の感謝の意を込めて贈るものですから必ず年内に、しかもたいていの人が最も忙しくなる年末よりは少し早めに届くように贈ると言うのがベストです。

具体的には12月の初旬から中旬にかけてという頃合いでしょう。最近の傾向では多少早めに贈るケースが増えており早いケースでは11月下旬から贈り始める場合などもあるようです。

実際にデパートなどの特設売り場にお歳暮コーナーが設けられるのが11月初旬あたり、しかしこれも最近の不況のあおりを受けて10月下旬から早々にお歳暮コーナーを設けるようなデパートなども多いようです。少しでも早くコーナーを整えて他に先駆けてお客様を獲得したいと言うのが狙いのようです。

ただし早すぎると言うのもあまりメリットは無いようです。特に食品を贈るような場合ではたとえ乾物や缶詰などの保存食であっても12月中旬くらいに届くようにする方が良いでしょう。

お歳暮は季節のものです。お歳暮を受け取ることで「ああ今年ももうわずか」と言う感慨が湧いてくるものです。あまり早くお歳暮を受け取ってしまうとこうしたしみじみとした感じは薄まるような気がします。

またついうっかり年末にお歳暮を贈り忘れたような場合には「お年賀」もしくは「寒中御見舞い」として贈るようにします。この時、気をつけなければならないのは品物が届くのが1月7日を過ぎるかどうかの見極めです。

1月7日以前に荷物が着くようであれば「お年賀」とし、7日を過ぎる場合には必ず「寒中御見舞い」という表書きにします。お歳暮の時期を逃してしまったから今年はパスと言うのだけは避けましょう。多少贈るのが遅れてしまっても品物を受け取るのとそうでないのとでは相手の心証は大きく変わってしまいます。

Copyright © 2009 お歳暮ギフトの人気ランキング . All rights reserved